協会の理念

一人一人が創造性を発揮できる社会へ

私達、ジェネラティブスピードリーディング協会は、AI全盛の時代へと突入している現代において業種・業界に関わらず、要求されるスキルは「創造性=Creativity」であると考えています。

一人一人が、自分のアタマで考え、イノベーションを起こす新しいアイデアや発想力を持つ事ができなければ、やがては時代に取り残され、人も企業も社会も衰退の道をたどらざるをえません。

私達は、こうした時代背景と企業が直面する問題に真摯に向き合いたいと考えています。

当協会の特徴的な手法としては、「ジェネラティブ状態の維持」「読書というツール」を用いて心身のリラックス状態を無理なく形成しながら個人の「創造性を発揮できる脳の働き」を高めていきます。

それによって、「創造性=Creativity」を向上させるばかりでなく、「情報処理能力」「記憶力」「対人コミュニケーション力」「並行処理能力」等、様々な周辺能力を相関的に向上させる事を目指しています。

私達、ジェネラティブスピードリーディング協会は、これからも人の心身の健康、企業の持続的な成長と発展、社会の調和に貢献して参ります。

協会概要

法人名 一般社団法人ジェネラティブスピードリーディング協会
代表者 理事 浦地純也 理事 大森健巳
所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目15-1セントラルパークタワー ラ・トゥール新宿704
Eメール info@generative.jp
アクセス こちらの地図をご覧ください。

 

理事プロフィール

浦地純也(うらちじゅんや)

  • 一般社団法人ジェネラティブスピードリーディング協会理事

プロフィール

2013年、高知大学で理科教員免許を取得し、卒業。その後、高校で2年間理科教師として働く。

速読に出会い、感銘を受け、2015年4月に速読インストラクターとして独立。愛知県で速読教室と学習塾を開校する。3年間で400人以上に指導をおこなう。

この3年間で「速読を身につけるのに限界がある」という悩みが出てきた矢先に、スタンフォード大学博士スティーブン・ギリガン博士と出会う。
その後、2018年7月にワールドクラスパートナーズ株式会社と、新しい速読メソッド「GSR」を開発し、2日間の講座のトレーナーとして活躍している。

メディア掲載

準備中

主な著書

人生を変える速読法「GSR」(きずな出版)
定価:本体価格1,480円+税

大森健巳(おおもりたけみ)

  • 一般社団法人ジェネラティブスピードリーディング協会理事
  • ワールドクラスパートナーズ株式会社代表取締役
  • 特定非営利法人日本交渉協会 特別顧問

プロフィール

インターナショナル・スピーカー。国際ジェネラティブチェンジ協会ディレクター。
一般社団法人ジェネラティブスピードリーディング協会理事。特定非営利活動法人日本交渉協会 特別顧問。ワールドクラスパートナーズ株式会社代表取締役。

スティーブン・ギリガン、ロバート・ディルツ、アンソニー・ロビンズ、ジェイ・エイブラハム、ロバート・キヨサキなど、世界的に有名な講師とともに舞台に上がりセミナーをおこなう。
理論面と心理面からアプローチし、政治家、起業家、医師、弁護士、教員、アナウンサー等に指導し影響を与える。クライアントは短期間で変容し「人生が変わった」と口々に言う。
現在世界9カ国でビジネス・マスターマインド・グループを展開中。

著書に『なぜあの人が話すと納得してしまうのか?』(きずな出版)、『仕事の教科書』(徳間書店)がある。

メディア掲載

準備中

主な著書

取引先一覧

企業:ワールドクラスパートナーズ株式会社、きずな出版、株式会社 KIZUNA CREATIVE

公共機関団体:準備中

教育機関:準備中

医療機関・介護施設:準備中

スポーツ・芸術:準備中